top of page
  • 執筆者の写真井上 知紀

日本政策金融公庫融資の流れ〜盛岡で開業した際の実例公開〜

更新日:1月22日

 創業の際に融資を受ける方も多いと思いますが、実際どんな流れで進められているのでしょうか。


こちらでは私の経験と実際使用した書類も交えながら全体の流れについて解説していきます。



1.2022年12月7日 事前相談

 私の事務所から最寄りである株式会社日本政策金融公庫(以下、日本政策金融公庫)盛岡支店に行き、事前相談を行なってきました。


元地方銀行融資担当者として恥ずかしい書類は見せられないため、


・創業計画書

・資金繰り表

・副申(販促計画)


は事前にしっかりと作成していました。


とは言え日本政策金融公庫の融資は初めての経験であり、担当者目線でどのように見えているか確認するためです。


窓口に相談に行ったところ、「運転資金にしては少し多いように感じます」とコメントを頂きました。


ただ実際には様々な書類を見た上での審査によるため、開業予定日も近かったことからインターネット申込をする運びとなりました。



2.2022年12月8日 インターネット申込み

 上記3つの書類に加え他の必要書類もデータ化し、インターネットより申込みしました。


創業計画書については日本政策金融公庫の書式、資金繰り表はオリジナル書式を使用しました。


なぜ資金繰り表はオリジナル書式を使用したかと言いますと、日本政策金融公庫の資金繰り表(収支計画書)は経費項目が少ないからです。


算出根拠として追記する必要があります。


私は経費明細を1つ1つ記載・エクセルで自動計算し、分かりやすくするためオリジナル書式を使用しました。


日本政策金融公庫のHPには書式が用意されていますが、その書式を使用しなければいけないわけではありません。


また『副申』は必須書類ではないですが、金融機関内部で担当者が上席や審査部に審査依頼をする際に作成されることが一般的です。


そこで私はどのような販促策を行い、何の案件を何件受注するかという販促計画を添付しました。


インターネット申込みの場合は支店ではなく、本部に一度データが送信されます。



3.2022年12月27日 担当者と面談

 インターネット申込みから数日後に担当者から電話があり、日程調整と当日持参書類の案内がありました。


当日盛岡支店に行き事前相談時とは別の担当者とお会いし、創業理由等について話をしました。


年末年始もあり混み合っているため創業予定日の2023年1月1日には間に合わないとのことでしたので、早めに(最低でも1ヶ月前)申込必要があります。


私が作成した融資申込書類についての言及はなかったものの預金通帳や積立保険の残高を資料として提出しました


創業計画書では自己資金の記載もしますが、証拠書類の提出はしっかりと行いましょう。


預金でなくても金融資産があれば評価につながる場合もありますので、提出できるものは提出した方が良いです。


さらに保有資格に関する記載が創業計画書では不十分だったため、履歴書のような形でこれまでの学歴や保有資格について記載した「自己紹介シート」も提出しました。



4.2023年1月4日

 年が明けてから担当の方が事務所までいらっしゃいました。実際に確認することは鉄則ですね。


看板の有無、デスク、PCなど、事務所としての実態を確認されたものと思います。


そして後日担当の方より「無事融資が満額通ったため、これから送付する書類を送り返して欲しい」と連絡がありました。



5.2023年1月10日

 2023年1月11日を契約日とする書類が送られてきたため必要書類を同封の上郵送しました。


借用証書は課税文書であり収入印紙が必要です。


借入金額によって必要な印紙代が変わりますので注意しましよう。


案内の中にいくらの収入印紙が必要なのか記載されています。



借用証書

(借用証書見本)



6.2023年1月19日 融資実行

 私は団体信用生命保険(※)に加入しましたので、団信保険料が差し引かれた金額が振込まれました。


団体信用生命保険については別記事にしておりますのでそちらで内容をご確認ください。


※団体信用生命保険



7.終わりに

 以上が融資申込から実際に実行されるまでの一連の流れとなります。


融資実行後はお支払額明細書(返済明細)が送られてきますので、残高不足や延滞発生のないようにしっかりと返済計画を確認しましょう。


開業当初は売上が少なかったり仕入れが先行したりし資金繰りが少々苦しくなる場合もあります。


そのため利息のみ返済をする「据置期間」を設けることをおすすめしています。



お支払額明細書

(お支払額明細書・明細のないものを掲載)



盛岡市内の方や近辺の方に関しましては、私が作成した実際の下記書類をお見せすることも可能です。


・創業計画書

・資金繰り表

・販促計画

・自己紹介シート


初回のご相談は無料ですのでお気軽にご相談ください。


行政書士いのうえ法務事務所

井上 知紀

〒020-0033 岩手県盛岡市盛岡駅前北通6-36



bottom of page