top of page
  • 執筆者の写真井上 知紀

【盛岡広域】展示会等出展支援事業費補助金

更新日:5月16日

 販路を拡大する有効手段の1つとして展示会への出展があります。


展示会は盛岡市内や岩手県内だけでなく全国各地で開かれています。


都心部の大規模な展示会となると出展料が高額なだけでなく、複数名社員の旅費交通費、荷物の搬送代まで考慮する必要があります。


例えば私が前職時代に東京の展示会に出展した際は


・出展料50〜60万円(装飾込み)

・旅費交通費10〜20万円

・広告費5万円程度


の合計約70〜80万円ほど1回の展示会にかかっていました。


なんとか費用を抑えられないものだろうか…


そんな時にぜひ活用していただきたい補助金が、「盛岡広域産業成長推進協議会 展示会等出展支援事業費補助金」です。


※本補助金は盛岡広域(盛岡市、八幡平市、滝沢市、雫石町、葛巻町、岩手町、紫波町及び矢巾町)に事務所を構えている法人向けに記載しています。


1.補助事業者

 盛岡広域に主たる事業所を設置し、成長ものづくり分野(医薬品や医療機器関連産業)、第4次産業革命分野(ソフトウェア・情報処理関連産業)又はヘルスケア分野(医療機器・IT関連産業)のいずれかの分野で事業を展開する法人又はその連携体。


注意書きにも記載しましたが本補助金は盛岡広域に主たる事務所を有する法人である必要があります。


またどんな業種でも良いわけではなく、


・成長ものづくり分野(医薬品や医療機器関連産業)

・第4次産業革命分野(ソフトウェア・情報処理関連産業)

・ヘルスケア分野(医療機器・IT関連産業)


のいずれかの業種である必要があります。



2.補助対象事業

(1)補助事業者が行う自社の製品・技術・商品・サービスの取引拡大や人材育成等を目的とした展示会(オンライン展示会を含む。)の出展事業であること。

(2)補助を受けようとする展示会が、令和5年8月11日から令和6年1月31日までに開催される展示会であること。


対面形式かオンラインかは問われませんが、事業実施期間が約5ヶ月と短い点に注意が必要です。



3.補助対象経費

 当該事業の実施に係る経費のうち、補助事業者が負担し、国、県、その他の機関から同様の趣旨の補助金の交付を受けたこと又は受ける予定がない次の経費。

・出展料

・輸送費

・旅費

・ブース装飾費

・印刷物製作費

・動画製作費


事前に見込み客にDMをしたり当日モニターで動画を流したりすると展示会出展の効果を高めることができます。


そのような経費までカバーされている点はありがたい点です。



4.補助金の額

(1)対面型展示会 20万円

(2)オンライン展示会10万円



5.補助事業者募集期間

令和5年7月27日(木曜)~令和6年1月16日(火曜)



盛岡広域産業成長推進協議会 展示会等出展支援事業費補助金チラシ

(出典:岩手県HP


6.終わりに

本補助金の事業実施期間が約5ヶ月と短い印象を受けました。


展示会は毎年ほぼ同じ時期に開催されており、仮に来年度も同様の予算組みがあると出展できる展示会は限られてしまいます。


事業者側からすると、できれば公募開始を早く、事業実施期間を長くしていただきたいですね。


【岩手・盛岡で補助金申請代行と言えば“行政書士いのうえ法務事務所”!】

行政書士いのうえ法務事務所

井上 知紀

〒020-0033 岩手県盛岡市盛岡駅前北通6-36


問い合わせバナー


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page